気になる臭いの脱臭・除菌はおまかせ!

タバコ臭の脱臭工事例

タバコ臭がここ最近は嫌われるようになってきております

タバコ臭がするだけで、賃貸物件に入居者が決まらない。

タバコ臭のする売却物件では内覧にくるもののなかなか決まらず、タバコ臭を理由に大幅な値引き交渉が入る。

中古の売り出し物件の場所や物件そのものは気に入ってるなだけれども、タバコ臭が気になっていて、何とかこの臭いは消せるのだろうか?

こんな問い合わせがたくさんあります。

これらは、タバコは健康に害があるのでということで、タバコを吸わない社会が進展してきて、公共機関はもとより、会社でもタバコを吸えなくなるという動きがまずます強くなっています。

実際のこの問題を解決するための脱臭工事の実例をご紹介しましょう。

タバコ臭が原因で入居者が決まらない賃貸物件

20平米の1Kマンションで特に古いわけでもなく、設備や家賃も全く問題ないにもかかわらず空室期間が長く続いています。
この原因は玄関を開けて瞬間にするタバコ臭が原因でクロスは特に傷んでいないのですが臭いがい状態でした。
さらに、問題なのがおトイレでタバコをよく吸っていたらしくトイレがその空間も、換気口もタバコ臭ですごいことになっています。
これはクロスを張り替えたからといって消えるレベルではなく消臭工事が必要になりました。

①消臭剤   1,000円×20㎡=20,000円
②オゾン燻蒸 1,000円×20㎡=20,000円
③光触媒   2,500円×20㎡=50,000円
合計90,000円
1日の作業で終了して、ほぼ臭いは気にならないレベルになりました。
その後、すぐに入居契約は決まったそうです。

消臭使用機材

消臭使用機材

トイレのタバコ臭脱臭

トイレのタバコ臭脱臭

無光触媒コーティング

無光触媒コーティング

 

タバコ臭のする億ションを売却前にタバコ臭消臭

都内の大人気駅から徒歩3分の場所の億ションです。
購入時1億5千万ほどが中古ですが今回は2億7千万程度で売却予定で内覧の予定がいくつか入ってきました。
ところが、物件はタバコ臭がそれほどひどいわけではないけれども玄関を開けた瞬間に臭いがするので、値下げ交渉される可能性が高いとお客様は判断しました。
値下げとなると、無券の価格が大きいだけに数百万の値下げ交渉になることが予想されるので、それであれば内覧前にタバコ臭を消して臭いが原因での交渉をされないようにしたいということからの依頼です。
物件が大きいので光触媒まではせずにとりあえず消臭剤とオゾンでということになりました。

①消臭剤   1,000円×100㎡=100,000円
②オゾン燻蒸 1,000円×100㎡=100,000円
合計200,000円

1日の作業で終了し、タバコの臭いは全く感じないような仕上がりになりました。
光触媒を使っていないので後日、壁や天井の奥から臭いが出てくる可能性は否定できませんが、時期的に寒かったのと、物価が人気エリアだったのですぐに売却が可能との判断だったようです。

某億ション売却前消臭

某億ション売却前消臭

某億ション売却前脱臭

某億ション売却前脱臭


サブコンテンツ

このページの先頭へ