気になる臭いの脱臭・除菌はおまかせ!

クロス張替えと消臭効果

中古物件を購入されたお客様とクロスの張替えと入居前の掃除の打ち合わせ

現地でお客様とクロスの張替えと入居前のハウスクリーニングの打ち合わせに行ってきました。

戸建て住宅なのですがコンパクトに廊下を極力少なくするような構造になっていました。

なので、一階は風通しがよく、一般的には玄関からリビングまでの通路が若干カビの臭いがするお宅が多いのですが、そんなことはありませんでした。

ただ、前の持ち主がヘビースモーカーであったのかタバコの臭いが結構します。

それで、2階へ上がってみると1階に比べて風通しが良くないので、かなりタバコの臭いが気になりました。

今回、お客様からのオーダーはクロスの張替えとハウスクリーニングでした。

とりあえずひととおり打ち合わせを終えてから、消臭のご提案をさせて頂きました。

クロスを張替えてもタバコ臭は消えません

意外なのですがクロスを張替えたり、ヤニを洗浄したりするとタバコ臭が消えると思っているお客様が多くびっくりする事が有ります。

臭いが浸透しないような物質の場合は表面の臭いの原因物質を取り除けば臭いがしなくなるのでしょうけれども、クロスは臭いを通すので下地はもちろんの事コンクリートの中や小さな配管用の穴にもタバコ臭は入り込みます。

なので、一番表面のクロスを交換したところで、多少の消臭効果はあるものの、タバコ臭は間違いなく残ります。

家にとっては、臭いが浸透するということは、呼吸をしている事であり、湿気の対策上では重要な役割なのです。

なので、タバコ臭は奥の奥まで入りこむことが当たり前で表面だけ取り替えても奥に入り込んだ臭いは残るという事を理解していただかなければなりません。

タバコ臭を消すにはどうするのか?

それほど気にされない方であれば通気を良くするとそのうちに気にならなくなります。

気になるならどうするのか?

消臭剤という方法が考えられます。

良い臭いで包み込むものや別の物質に化学変化させるもの等色々有るので用途に合わせて利用する事になります。

100均を利用してクエン酸や重曹をバラ撒くという方法も有るでしょう。

即効性を求めるなら何と言ってもオゾン発生器による燻蒸がもっとも優れていると思います。

消えたタバコの臭いは再び沸き上がってくるのが当たり前

オゾン燻蒸でも消臭剤でも表面や空気中の臭いは消えると思いますが、前段でご紹介したように、臭いは奥の奥まで浸透するので、じわじわとまた戻ってくるのが当たり前と認識しなければなりません。

それでも、表面や空気中の臭いが最も多い部分を処理をすることで、当初のレベルから考えると半分以下にはすることができます。

それでも気になるので臭いがしないようにするにはどうするか?

クロスの表面をコーティングで消臭対策

毎日毎日消臭剤を噴霧する訳には行かないので、臭いが沸き上がってくるとところで押さえるしあ有りません。

つまり、クロスの表面を加工して沸き上がる臭いの対策をしなくてはならないわけです。

長期に渡って安定化させるにはクロス表面をコーティングして効き目となる成分を常駐させる事が必要です。

当社で注目して使っているのは無光触媒です。

光触媒というのはよく有るのですが、光がなかったり夜だと効き目が有りません。つまり1日のうち半分位が効果が無い時間になってしまいます。

一方無光触媒は光を必要としないので365日昼も夜も働き続けるわけです。

これにより、沸き上がってくる臭いを止めるのと同時に止めきれなかった臭いについても消臭作用があるので、その機能が発揮され良い環境を維持できるということになります。

但し、ここまですると結構な費用になってしまいます。

人の生活は豊かになり、おそらく何十年か前は臭いなんて多少はへっちゃらだったものが、暮らしが豊かになるとそれにつれて臭いにも敏感になってきているのです。

消臭対策をどこまでするのか?ということを考えてみる事が実は重要なのです。

無光触媒の消臭・抗菌・防汚の原理

無光触媒の消臭・抗菌・防汚原理

バコ臭長期防止コーティング

タバコ臭長期防止コーティング

 


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ