気になる臭いの脱臭・除菌はおまかせ!

ペット臭のマンションをある方法で快適な空間に

ペットを飼育するかたが増加傾向に有り、統計によると14歳以下の子供よりもペットの数が多くなったそうです。

その結果室内でペットを飼育することでの新しい問題が多くなってきております。
問題と言ってもトラブルということではなく分譲マンションや戸建てで飼育自体は何の問題はないにしても、売買となると臭いが原因で資産としての価値が下がってしまうことがあります。

新しく購入する方がペットの臭いが気になったり、ペットにアレルギーを持つ体質だったりすると値下げ要請の原因になります。

ペットを飼われている方は何も感じないとしても嫌な方にとってはその臭いは思いの外強く感じたりします。

臭いが部屋に付いてしまうと掃除で簡単に消せるものではありません。
まして消臭剤は一瞬だけのもので時間の経過とともに元に戻ってしまいます。

それではクロスを代えればということで単純にクロスを張り替えるリフォームを行ったところで、表面上だけ臭いがとどまっていれば良いのですが、クロスの下にまで臭いがついていればじわじわと臭いがしてきます。

せっかくお金をかけてクロスを張り替えたのに!とおもったところで後の祭りです。

当社では、張替えでせっかくクロスを剥がすのであれば、そのタイミングで普段できないクロスをむき出しにした下地に対して消臭施工をすることを提案しています。

クロスを張った状態ではできないことが可能になるのでせっかく予算をかけるのであればもう少しだけ追加にはなりますが、効果絶大ですので是非おすすめしたいところです。

クロスを剥がしての脱臭(消臭)方法でもどこまでするか?ということで段階が有ります。

最低レベルは高濃度のオゾンガスを発生させてこの酸化力を利用して臭いの原因となる物質を臭いのしない別の物質にするということです。

これで、かなり改善されるはずです。
ですが、臭いは思った以上にしつこく、一度消えてもクロスの奥底からじわじわと湧き出てきます。
これに対応するために光触媒を利用して快適な状態を長く維持することが最もおすすめする方法です。

物件状態やご予算に合わせて色々とご提案できるものと思います。

 


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ