気になる臭いの脱臭・除菌はおまかせ!

新築3年のクロスを剥がして下地へダイレクト消臭

今回は新築後3年のピカピカの中古住宅のお話です。

まだ、新築の臭いがプンプンの物件なのですが前の持ち主がヘビースモーカーで新築の香りとタバコ臭が入り交じって不思議な臭いになっています。

売却を試みて何名か商談にまで進んでもタバコ臭がキツすぎるという理由で商談が不成立になっていた物件です。

今回は、購入するお客様がタバコ臭の消臭工事をするという前提で購入しが決定しました。

それで、現地に立ち会い打ち合わせして、結局真新しいクロスを剥がしての消臭工事になった訳です。

傷みのないクロスを剥がすのにはもったいないお化けが出てしまいとても心の痛い思いをしてしまいました。

こうなったからには、徹底して出来る限りの消臭をするしかありません。

それで、昨日むき出し状態になった、壁や天井に消臭剤剤噴霧とオゾン燻蒸を施行したのです。

その結果ほぼほぼタバコ臭は気にならない程度になり、新築の木の臭いがする状態になりました。

あとは、クロスを張ってから念のためにサイドオゾン燻蒸をした上で、後日沸き戻ってくるかも知れない臭いのために壁や天井のクロスに無光触媒のコーティングを施行します。

この処置はとても有効な作業で、これをしないと後日何となく臭いがするという状態になる可能性が高くなります。

無光触媒のコーティングは消臭だけでなく、防汚効果や防カビ・抗菌効果も期待でき。さらには抗ウイルスも期待できます。

コストは少しアップしますが、多少ご予算に余裕のある方にはとてもおすすめのプランです。

オキシアップ・光触媒比較表

オキシアップ・光触媒比較表

バコ臭長期防止コーティング

タバコ臭長期防止コーティング

 


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ