気になる臭いの脱臭・除菌はおまかせ!

クロス張替えたらタバコ臭のクレーム?

先日不思議な話の問い合わせがありました。

某大手ハウスメーカさんからの問い合わせなのですが、既存のお客様で汚れによるクロスの張替え依頼があり張り替えたらタバコの臭がするとクレームが入ったというのです。

しかも不思議な事にお客様はタバコを吸わない方で張り替える前がタバコの臭いははしていなかったというのです。

職人さんはタバコのは吸うかもしれないけれども室内では吸わないルールになっているし、仮に一度吸ったからといってクレームになるほどの臭がするとは考えにくいと思います。

それでは原因は?今回使ったクロスの保管がタバコの臭がする場所だったか?
可能性はありますが、クロスはロール状に巻かれているので内部は臭いがするとは考えにくい。

というようなことでどうしたら良いでしょう?ということでした。

基本的に臭いのしていない状態の部屋でクロスを張替えてする臭いは?
それはクロスの臭いともう一つは張るためのノリの臭いです。
でも、これで通常はクレームになることはありません。

でも通常では考えられないクレームが実はあるのです。
過去にあった例では臭覚過敏症の方の時がそうでした。

通常の方は何ら感じないような臭いでもその方にとってはとても苦痛なのです。
もちろん通院していらっしゃる方もいるとは思いますがそう簡単に症状が収まるわけではありません。
昨今の現代病のようなもので花粉症もそうですがなんでもないのが普通なのに過敏症の方にとっては耐え難いのです。

なので、今回の方は化学物質過敏症の疑いがあります。
これは想像の範囲ですが、クロスの臭いやノリの臭いが交じり合ったものをタバコの臭いと勘違いしてしまっているのではと考えられます。

こういう場合にはどうしたら良いか?
実は当社で使っている無光触媒はVOC(揮発性有機化合物)を止める効果が期待できるのです。

それほど多くはありませんが時々、家族はなんでもないのですが過敏症の方が壁からのVOCの臭いに耐え難いので無光触媒をコーティングして欲しいという依頼があります。
施工すると、かなり効果はあるようですが正直なところ私自信(つまり普通の方)にはコーティングの前も後も何も臭いを感じないのでわからないのです。

自分自身が感じ取れないので、積極的には宣伝していません。
ただ、光触媒と呼ばれるものが全てそのような効果があるかどうかはわからないということは言うまでもありません。

尚、今回のご質問の方は西日本の方だったので、エリア外で当社では担当できないのですが質問には丁重にお答えさせて頂き、その可能性もあるということで再度現場確認に行ってくださいとお伝えしました。


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ