気になる臭いの脱臭・除菌はおまかせ!

タバコの臭いのする営業車を剛腕でオゾン消臭してみました

先日に色々とオゾン消臭のテストをしてみました。

空室の清掃だけ頼まれている物件でオゾン消臭を試してみたり。これがびっくりするくらい見事に消臭効果があり気分を良くしていました。

そして、次にということで車のタバコの臭いを消そうということでやってみました。

車の中では電源が使えないのでDC/ACインバーターを使って100V電源を取れるようにします。そして、室内循環モードのエアコンをつけて、いよいよオゾン発生器「剛腕」のスイッチをオンです。今回は車内は室内と比べて空間が狭いので促進剤を噴霧しないで試してみました。

タバコを吸わない私にとっては気持ち悪くなりそうな位にタバコの臭いが凄かったので1時間タイマーセットして車内を密室状態にして放置です。

他で用事を足して1時間たったころに、車のドアを開けるとタバコの臭いはしないけれどもオゾンの臭いがまだ残っていました。なのであと30分ほど放置して再度ドアを開けるとほとんどタバコの臭いがしません。わずかにだけ臭いが感じたのでどうしてだろう?と考えてみました。

そしたら、灰皿の吸い殻を捨てていませんでした。タバコを吸わないので灰皿を捨てるという事に気が付かずにうっかりです。

流石の剛腕といえども臭いは消せても、その後また臭いを発生する源をなくさないと臭いが発生してしまうという事です。

なので、特に空間の狭い車内であれば、臭いの発生源をなくするという意味で、社内の清掃だけでなく、シートや天井などの洗浄も一緒にやらないと若干ではありますが染みついている臭いが出てくる可能性があると感じました。とはいえ当初の臭いに比べるとブック利するくらいに改善されていることは言うまでもありません。

本当に禁煙車として臭いを気にならないくらいにするのであれば、室内の清掃+シート・天井の清掃+消臭抗菌用の無光コーティングをセットで実施するのが良いと思います。

オゾン発生器剛腕を使ってのオゾン消臭

オゾン発生器剛腕を使ってのオゾン消臭

さて、今度は何の臭いを消そうかな?という感じでもう少しお試しを実施してみようと思います。

 

 


サブコンテンツ

このページの先頭へ