気になる臭いの脱臭・除菌はおまかせ!

タバコやペット臭を消すにはここまで必要

部屋のタバコのニオイやペットのニオイを消したいと相談が多くあります。

クロスを張り替えたけどもニオイが取れない!

それは当たり前のことです、クロス屋さんがクロスを張り替えたらニオイが取れると言うかもしれません。それはそれほどひどくない場合はクロスの張替えで十分の場合があるかもしれません。
ですが、ヤニ部屋になってしまった場合はまず不可能でしょう。
それと、もしもクロス貼りの職人さんがタバコを吸う方であった場合は、臭いが残っているのがわからないと思います。

ニオイの感じ方には個人差が有ります。

タバコを吸ってる方やペットを飼っている方あるいはそういった方々の環境に出入りしている方はそれほど違和感を感じない方が多いと思います。
一方、タバコを吸わない方やペットと縁のない方はある程度感じる程度だとしても、会社がタバコを吸えない環境になっていて、ニオイのしない環境に慣れていると、違和感を感じるものと思います。
さらに、ニオイに関しては敏感な方はもっと感じることと思います。
昨今では、タバコを吸えない場所や会社が増えておりニオイに違和感を感じる方が増加の傾向にあります。

その結果として、賃貸物件ではニオイの残っている空室は次の入居者が決まらない。
中古物件を売却したいと思っても、見に来るけど契約に至らないということになります。

じゃあどうしたらニオイがとれるのか?
ニオイはなめたものではなく、解体してリフォームしてもニオイが残るケースが多く、オゾン燻蒸や光触媒をコーティングしてやっと気にならないレベルに持っていけるかどうかというくらい大変なのです。

消臭工事の解体

時々賃貸物件で大家さんに内緒でペットを飼ってとかいう相談が来たりしますが、この画像のように解体してもニオイが完全に取れない場合があるということを知っていてるのかな?と思うことがあります。
契約にもよりますが、場合によってはここまでの原状回復や損害賠償を求められることもあるので、注意したほうが良いと思います。

また、大家さんにとっても簡単にはニオイは消えないので安易に退去の確認をせずにニオイを消すことも含めた原状回復にはどれくらいの費用がかかるをきちんと把握すべきと思います。

昨今では物件のダブつきも出てきており、競合上マイナスになるようなニオイが残った状態は避けるべきです。
空室期間を長くしたり、売却時の値下げ交渉の理由付けにならないためにも、ニオイが残っている場合はしっかりと消臭をするもの1つの戦略かと思います。


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ